プロフィール
林田浩一事務所
林田浩一事務所
『つくる』に向き合う企業や個人の成長戦略を、「デザイン」や「ブランド」に軸足を置いた事業戦略・商品戦略で支援しています。

モノ/サービス/人・・・いずれにせよ魅力的に『つくる』、そのカギは『企業の創造性×表現力』です。
※カテゴリー別のRSSです
QRコード
QRCODE

2011年02月07日

デザイン、マーケティング、ブランド、全部つながっている


久しぶりの更新です。今年に入って、いくつか新しいことへの“仕込み”を続けていて、メインブログの方もあまり更新できていないからなのですが、それに加えて、新たにアイティメディア社のウェブサイト「ビジネスメディア誠」にて、誠ブログを書くこととなりました。

タイトルは、『デザイン、マーケティング、ブランドと“ナントカ”は使いよう。』現在3本のエントリがアップされています。


デザイン、マーケティング、ブランドといったものは、今やあらゆる企業のビジネスにおいて意識せずにはいれない要素です。しかもそれらは全てつながっています。

企業活動の上位にあるのは、企業理念やビジョンといった【考え方】となります。これを基にした【行動方針】がマーケティング戦略であり、【表現・伝達の方針】がデザイン戦略です。そして、これらが顧客やステークホルダーに伝わり、結果的にその人たちの意識の中に形成されるのがブランドです。

誠ブログでは、様々なモノやサービス、ワタシが気になった事象などから、これらのことを考えてみたことを書いていこうと考えています。

当面このDGのブログは、誠ブログとメインブログの更新案内として運用しつつ、これからの位置づけを少し考えたいと思っています。


という訳で、宜しければリンク先の各エントリのご一読ください。


◆誠ブログ『デザイン、マーケティング、ブランドと“ナントカ”は使いよう。』

 ブランドの魅力づくりには「これまでの歴史」と「これからの未来観」が欲しい

 『ありきたり』を脱却する切り口:文房具を眺めつつ。。

 モノづくりビジネスは製造業ではなくなる、かも

※上記記事のうち、『 ブランドの魅力づくりには「これまでの歴史」と「これからの未来観」が欲しい 』のエントリは、同じビジネスメディア誠サイト内の【誠Style】で記事化されそちらにも掲載されています。


◆メインブログ『ドリームにこそバリューがある』

 『ありきたり』を作り出しているのは『思い込み』なのかも。




***** 林田 浩一 *******
( Twitter: http://twitter.com/k_hayashida )


<お知らせ>

ワタシも設立に参加したアンサー・コンサルティングLLPでは、『ランチコンサルティング』を開始いたしました。

外部視点からの意見を聞きたい、ひとまず課題の交通整理のための“ちょっとした相談の場”が欲しい、自社に合うコンサルタントなのか“お試し”をしてみたい、といった声より生まれた、ランチをしながらのリラックスした雰囲気の中でご利用いただける2時間のプログラムです。

【→詳しくはこちらより】





===============================

『つくる』企業の成長戦略を「デザイン」「ブランド」を軸足に支援します。

中小企業が顧客からの存在感と付加価値を高めるための、
戦略的な商品開発をお手伝いしています。

新規事業開発、商品戦略や商品開発、デザイン活用の支援、デザイン診断、
企業の創造力強化のための人材教育、デザイナーとの付き合い方まで、
ご質問やご相談を受け付け中です。

◆各種お問い合わせやご依頼など
 【 御社の商品開発や創造性開発のお手伝いをいたします! 】
→ hayashida(アット)answer-consulting.jp
  ※(アット)を@へ書き変えて送信ください。

◆ 経営戦略全般の問題解決は、“異能のコンサルタント集団”である
 アンサー・コンサルティングLLPにて承ります。
http://answer-consulting.jp/

==============================
  

Posted by 林田浩一事務所 at 14:03Comments(0)マーケティング / ブランディング

2011年01月17日

ブランド力には『これまでの積み上げ』だけでは…となるかも。



ついこの間、新年が明けたと思ったら、あっという間に1月も後半。。そんなタイミングになって、ようやくこのブログも今年初めての更新となってしまいました。

前回の「小さな企業が最終プロダクトを持つということ」のエントリーでも少し触れていますが、小さな企業ほどブランド力の獲得と育成へ注力すべきだと考えています。ここが上手く構築できれば、外部の顧客からは指名買いされるようになり、内部の組織も活性化することができるからです。


そのブランドを構築するには、短時間ではできません。宝飾品のスーパーブランドから、老舗の和菓子屋さんまで、今一定のブランド力を持つ企業は、時間掛けて価値を積み上げることをやってきています。ただ、最近はこの過去から現在までの『これまでの歴史』だけでは、維持していくのが難しいと感じることが、様々なプロジェクトに携わらせていただく中でも多くなりました。

そういったことを考えつつ、思考の整理も兼ねていくつかのエントリを書いてみました。よろしければ、次のリンク先からご一読ください。

  続きを読む

Posted by 林田浩一事務所 at 19:36Comments(0)マーケティング / ブランディング

2010年09月18日

ソーシャルメディアの普及でビジネスも変わる。


 今やあらゆる企業の(広義での)マーケティング活動において、インターネットを活用しないということは、有り得ない時代となっています。その一方で、消費者側のインターネット活用状況を俯瞰してみると、今大きな変化が起きつつあることが見えてきます。

 その中でも、情報を得る手段が 『検索』 から 『ソーシャルメディア』 へと移りつつあるということに私は注目しています。
  続きを読む

Posted by 林田浩一事務所 at 17:18Comments(0)マーケティング / ブランディング

2010年08月02日

iPadの普及がもたらすものとは

アップルコンピュータが今年に入って市場に投入したiPad。このDGブログをご覧の方での普及率はどれくらいでしょうかね。

アップル側の生産コントロールのせいか、未だに店頭で衝動買いして持ち帰るということができる状況ではありませんが、販売台数は順調に伸びているようです。


手に入れて使ってみられた方の中には、これまでと行動に変化がある方も居られるのではないでしょうか?

我々も含め、生活者の行動パターンが変わるのであれば、商品やサービスを提供する側の企業も、行動を変えていく必要があるのではないでしょうか。企業の行動をどうするかとは、(広義での)マーケティング戦略ということになります。

iPadの市場投入は今年だったから意味があり、その普及は、企業のマーケティング戦略も変化させていくことに繋がると考えています。





【→ 続きはこちらから:ドリームにこそバリューがある】







***** 林田 浩一 *******
( Twitter: http://twitter.com/k_hayashida )







===============================

『つくる』企業の成長戦略を「デザイン」「ブランド」を軸足に支援します。

中小企業が顧客からの存在感と付加価値を高めるための、
戦略的な商品開発をお手伝いしています。

新規事業開発、商品戦略や商品開発、デザイン活用の支援、デザイン診断、
企業の創造力強化のための人材教育、デザイナーとの付き合い方まで、
ご質問やご相談を受け付け中です。

◆各種お問い合わせやご依頼など
 【 御社の商品開発や創造性開発のお手伝いをいたします! 】
→ hayashida(アット)answer-consulting.jp
  ※(アット)を@へ書き変えて送信ください。

◆ 経営戦略全般の問題解決は、“異能のコンサルタント集団”である
 アンサー・コンサルティングLLPにて承ります。
http://answer-consulting.jp/

===============================
  

Posted by 林田浩一事務所 at 14:46Comments(0)マーケティング / ブランディング