プロフィール
林田浩一事務所
林田浩一事務所
『つくる』に向き合う企業や個人の成長戦略を、「デザイン」や「ブランド」に軸足を置いた事業戦略・商品戦略で支援しています。

モノ/サービス/人・・・いずれにせよ魅力的に『つくる』、そのカギは『企業の創造性×表現力』です。
QRコード
QRCODE

2010年05月13日

ソーシャルネットワークが商品開発を変える

色々な場面で Twitter を始めとするソーシャルネットワークに関する話題を聞いたり眼にしたりすることが珍しくなくなりました。

ワタシ自身もTwiiterを使い始めて数ヶ月が経ちました。これまでにメジャーとなったmixiのようなクローズドなSNSと異なり、情報が流れるスピードが速いことや、自分の関心圏を手掛かりとしたネットワークを作っていけることなど、いくつか興味深い点がみえてきます。


今後もTwitterがソーシャルネットワークサービスの覇者となるのかは判りませんが、ビジネスツール(あるいは仕組み)として見た場合、色々な変化が今後出てきそうに思えます。


そんな中から、ワタシの関連する領域である商品開発を取り巻く変化について、『ソーシャル“前”』と『ソーシャル“後”』で少し考えてみました。





    ●Twitter 前と後、商品開発の構図が変わってくる?
     ~ソーシャルネットワーク時代の『この指とまれ』(その1)~  <→ エントリを読む>

    ●Twitter 前と後、商品開発の構図が変わってくる?
      ~ソーシャルネットワーク時代の『この指とまれ』(その2)~  <→ エントリを読む>

    ●RP技術のアンビエント化で、モノ作りの構図が変わる       <→ エントリを読む>




***** 林田 浩一 *******
( Twitter: http://twitter.com/k_hayashida )




<お知らせ>

「月刊近代中小企業/2009年4月号」(発行:中小企業経営研究会 )への執筆記事(記事タイトル: 「輝く」中小企業はデザイン&ブランドを賢く使いこなしている)をウェブにアップしました。よろしければご一読下さい。 感想なぞをいただけると更に嬉しいです!

→ 「輝く」中小企業はデザイン&ブランドを賢く使いこなしている





===============================

『つくる』企業の成長戦略を「デザイン」「ブランド」を軸足に支援します。

中小企業が顧客からの存在感と付加価値を高めるための、
戦略的な商品開発をお手伝いしています。

新規事業開発、商品戦略や商品開発、デザイン活用の支援、デザイン診断、
企業の創造力強化のための人材教育、デザイナーとの付き合い方まで、
ご質問やご相談を受け付け中です。

◆各種お問い合わせやご依頼など
 【 御社の商品開発や創造性開発のお手伝いをいたします! 】
→ hayashida(アット)answer-consulting.jp
  ※(アット)を@へ書き変えて送信ください。

◆ 経営戦略全般の問題解決は、“異能のコンサルタント集団”である
 アンサー・コンサルティングLLPにて承ります。
http://answer-consulting.jp/

===============================
Posted by 林田浩一事務所 at 14:42│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。