プロフィール
林田浩一事務所
林田浩一事務所
『つくる』に向き合う企業や個人の成長戦略を、「デザイン」や「ブランド」に軸足を置いた事業戦略・商品戦略で支援しています。

モノ/サービス/人・・・いずれにせよ魅力的に『つくる』、そのカギは『企業の創造性×表現力』です。
QRコード
QRCODE

2010年06月11日

閉塞感を作っているのは自分(自社)?

世の中では不景気が喧伝され、業績が芳しくないのもやむを得ないというムードも流れていますが、必ずしも不景気だから自社の業績も悪いという訳では無いのかもしれません。


外部の経営環境が変化してきたのならば、自分(自社)もそのトレンドに対応して変化する、はずですが。。。


<続きはこちら:『ドリームにこそバリューがある』>



***** 林田 浩一 *******
( Twitter: http://twitter.com/k_hayashida )




<お知らせ>

「月刊近代中小企業/2010年4月号」(発行:中小企業経営研究会 )への執筆記事(記事タイトル: 「輝く」中小企業はデザイン&ブランドを賢く使いこなしている)をウェブにアップしました。よろしければご一読下さい。 感想なぞをいただけると更に嬉しいです!

→ 「輝く」中小企業はデザイン&ブランドを賢く使いこなしている





===============================

『つくる』企業の成長戦略を「デザイン」「ブランド」を軸足に支援します。

中小企業が顧客からの存在感と付加価値を高めるための、
戦略的な商品開発をお手伝いしています。

新規事業開発、商品戦略や商品開発、デザイン活用の支援、デザイン診断、
企業の創造力強化のための人材教育、デザイナーとの付き合い方まで、
ご質問やご相談を受け付け中です。

◆各種お問い合わせやご依頼など
 【 御社の商品開発や創造性開発のお手伝いをいたします! 】
→ hayashida(アット)answer-consulting.jp
  ※(アット)を@へ書き変えて送信ください。

◆ 経営戦略全般の問題解決は、“異能のコンサルタント集団”である
 アンサー・コンサルティングLLPにて承ります。
http://answer-consulting.jp/

===============================
Posted by 林田浩一事務所 at 15:32│Comments(2)
この記事へのコメント
必ずしも不景気だから自社の業績も悪いという訳では無いのかもしれません。

この言葉、今、自分が一番、打破、打開策を考慮する立場にあり、心に刺さりました。まさに、おっしゃるとおりです。
Posted by 堀米 毅 at 2010年06月11日 22:04
自分ではどうにもならない「景気」をどうこうというよりも、自社で決めることができる要素をできるだけ揃えて、外部環境の変化への対応力を備えたいですね。
Posted by 林田浩一事務所林田浩一事務所 at 2010年06月12日 11:25
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。