プロフィール
林田浩一事務所
林田浩一事務所
『つくる』に向き合う企業や個人の成長戦略を、「デザイン」や「ブランド」に軸足を置いた事業戦略・商品戦略で支援しています。

モノ/サービス/人・・・いずれにせよ魅力的に『つくる』、そのカギは『企業の創造性×表現力』です。
QRコード
QRCODE

2010年08月09日

アップルは削る・・・その理由は?

アップルの製品はユーザーとしてだけでなく、時代ごとに何らかの特徴を備えているという点でその戦略面でも、注目すべきブランドだと思います。

製品のデザインという面でも同様で、世の中のPCがオフィス機器然としたスタイルばかりの時代には、トランスルーセントというテーマでポリカーボネートボデーとポップなカラーのiMacを投入し、逆に周囲の競合が造形やカラーに手を入れ始めると、アップル製品はミニマリズム的なシンプル志向を採っています。

アップルのシンプル志向は現在も続いていますが、そんな中での最近の特徴に『ユニボディ』があります。

MacBook Proに始まり、iPadも最近モデルチェンジしたMac Miniも採用されているユニボディ・コンセプト。アップルのサイトでは主にデザイン面からの解説・プロモーションしかなされていませんが、どうもこれだけではないの理由があるのでは、と感じてしまいます(もちろん真実は判らないのですけれど…)。




【→ 続きはこちらから:ドリームにこそバリューがある】







***** 林田 浩一 *******
( Twitter: http://twitter.com/k_hayashida )







===============================

『つくる』企業の成長戦略を「デザイン」「ブランド」を軸足に支援します。

中小企業が顧客からの存在感と付加価値を高めるための、
戦略的な商品開発をお手伝いしています。

新規事業開発、商品戦略や商品開発、デザイン活用の支援、デザイン診断、
企業の創造力強化のための人材教育、デザイナーとの付き合い方まで、
ご質問やご相談を受け付け中です。

◆各種お問い合わせやご依頼など
 【 御社の商品開発や創造性開発のお手伝いをいたします! 】
→ hayashida(アット)answer-consulting.jp
  ※(アット)を@へ書き変えて送信ください。

◆ 経営戦略全般の問題解決は、“異能のコンサルタント集団”である
 アンサー・コンサルティングLLPにて承ります。
http://answer-consulting.jp/

===============================


Posted by 林田浩一事務所 at 11:52│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。